JRPとは?What’s JRP?

写真の可能性を追求するJRP

日本リアリズム写真集団は1963年に結成しました。現在全国に700人以上の会員がいます。
アマチュア、プロ、初心者、ベテランの区別なく、写真を学び、撮り、発表する活動を展開しています。支部や全国規模の交流などで会員は視野を広げ、表現をふかめ、写真的成果をあげています。日本の代表的な写真家も数多く参加して、旺盛な作家活動を展開しています。
写真で自分のメッセージ、感動が伝わるというということは写真を撮る者の大きな悦びでしょう。私たちは映像の単なる消費者にとどまることなく、独自で創造的な活動をしています。何をどう撮るか、写真で何ができるか、研究と研鑚を重ね、様々な写真の事業を展開しています。個展や写真集の出版、グループ展の開催も活発に行われています。

JRP 主催公募写真展「視点」

1976年の第1回展以来、毎年開催しています。上野の東京都美術館での本展をはじめ、全国各地での巡回展をJRP支部が主催し実施しています。
選考委員には、近年では東松照明、田沼武能、細江英公、熊切圭介、松本徳彦、梶原高男、長野重一、岡井耀毅、本橋成一、土田ヒロミ、桑原史成氏など第一線の写真家・評論家とJRPの写真家が当ってきました。
「視点」には毎年、全国から多数の応募作品が寄せられ、真剣で緊張感のある写真展として全国10ヶ所ほどを巡回する今や日本の代表的な公募展となっています。毎年3月10日締め切り、JRP・視点委員会で受け付けています。写真集「視点」は全会員に無料配布しています。

現代写真研究所

1976年6月日本リアリズム写真集団の付属の写真学校として設立。所長田中雅夫、事務局長伊藤知己、顧問土門拳、田村茂など当時の第一線の写真家・評論家たちが中心に設立した。
以来「写真もあなたの言葉です」をキャッチフレーズに、プロとアマチュアの区別を越えて写真で発言する意思と技量を持つ写真家の育成を目指してきた。

入会について

●会員の資格

日本リアリズム写真集団(JRP)の趣旨に賛同し、会則を認め、活動に参加する意思のあるプロおよびアマチュアの写真家・評論家・編集者は、年齢を問わずどなたでも入会できます。

●入会の手続き

入会を希望する人は、入会申込書に必要事項を記入し、会員1名の推薦を得て、
・入会金、年会費
・作品2枚(四切または六切サイズの自作・裏に氏名記入)
・24×30ミリの顔写真2枚
を添え、支部またはJRP 事務局に提出して下さい。

●添付作品

入会者の写真創作の意志を問うためのもので、審査をするものではありません。また、作品が掲載された出版物を添付されても結構です。写真家以外の方は、写真に関する仕事・活動を記述した資料を添付して下さい。

●新入会員の会費

入会金は3,000円、年会費は前納制で、支部会員は16,000円、個人会員は18,000円です。ただし、20歳未満および生計が同一の家族が会員の場合は半額にすることができます。入会申込み月から月割りで計算して会費を納入していただきます。支部会員の場合は端数が出ますので、別表に従って納入して下さい。

●入会の審査と承認

入会審査は、JRP理事会で行ないます。申し込み日と理事会開催日との関係で、入会承認まで1~ 2ヶ月かかる場合がありますが、承認を待たずに活動に参加していただいて結構です。承認後、「入会承認通知」「会員証」「会員バッジ」、視点写真集・機関誌などを本人あてに送り、支部にも連絡します。

お問い合わせ

イベントについて

今日の写真

女性のためのセンスアップ専門