ニュースNews

2017年2月13日

写真ワークショップします。

私たちの想いをお聞きください。
私たちは、「上手く撮るよりも、おもしろく撮らなきゃ」を合言葉に活動しています。

私たちはこんな写真に感動します。
⓵写真は対象が人であれ、風景であれそこでシャッターを押すには、対象への共感があります。それが伝わってくる写真に魅力を感じます。

⓶写真の中に作者のヒューマニズムを感じたとき。人間だけではなく、動物・自然・社会・生活などに対して言えること。

⓷自分の世界をつくろうとしている写真、意外性のある写真、チャレンジしている作品に心動かされる。類型的な写真に、魅力や感動は少ない。今までに撮られたことのある内容でも、切り口や表現や発想などで斬新なものに変わる可能性は大いにある。

そうです。魅力ある写真とは、高いカメラを持っている・技術が高い・常識的によいとされている写真ではなく、あなたの感動した思いが伝わるものが、魅力ある写真であると私たちは考えています。

このワークショップは、あなたの個性・感性を最大限にひきだす「しかけ」になっています。そして写真集が贈られます。ぜひ、ご参加ください。
支部長 宮崎悦子

unnamed

写真ワークショップ

戻る

お問い合わせ

イベントについて

今日の写真

女性のためのセンスアップ専門